不器用な人間ですが、なんとかなるもんです(*^_^*)

ゆりの桜色人生記

ココロ

HSPって何?世界一受けたい授業から学ぶ、繊細すぎて疲れてしまう人。

投稿日:

 
 
こんにちは。ゆりです。
 
 

あなたは
「HSP」ってきいた事ありますか?
 
 
 
Highiy Sensitive Person
(ハイリー・センシティブ・パーソン)
の略なんですがどんな人かというと

 
「繊細過ぎて疲れてしまう人」
 
 
 
なんだそうです。
 
 
 

 
 
 
 
先日、「世界一受けたい授業」でこのテーマが
取り上げられていました。
 
 
 
 
 
これは5人に1人繊細すぎて疲れてしまう人がいるとのこと。
 
 
  
 
 
5人に1人って結構な割合じゃないですか(^_^;)
 
 
 
 
かくゆう私も子どもの頃から苦しんできて、
今でもその傾向かあってたまにいやになる事があるんです。
 
 
 
 
なので今回は「世界一受けたい授業」を参考にして
どうしたら少しでも楽になれるかおさらいしていきますね(´∀`)
 
 
 
 
 

スポンサードリンク



 
 
 
 
 

断るのが苦手な人

  
私、完全にあてはまります(^_^;)
 

仕事や町内の役員の事や子どもの学校関係の役員。
頼まれたら引き受けてしまうんですよね。

 
最近でも子どもの学校関係の役員がまわってきました。
これから中学校入学してまだ中学校のことわからないのに
なんで私に来たんだろう・・(;一_一)
 
 
 
頼みに来たのがもう暗くなった夕方で、すごく寒い日でした。
すぐに断ればよかったものの、その人がひととおり説明して
くれたのでとりあえず聞いていました。
 
 
 
でも、私が断ったらまた違う人にこれから声をかけてみます
って言うもんだから、この寒い中、なんだか気の毒になっちゃって・・(^_^;)
 
 

そう、
HSPの人は自己主張が苦手です。
 
 
 
誰かの役にたてる = 自分が我慢しよう
 
だって嫌われたらどうしよう・・と他人からの
思われ方を気にしてしまい、

結局無理をして引き受けてしまうのです。
 
 

 
仕事でも、自分の仕事もあるのに
それ以上の事を頼まれた時に断れない時ってありますよね。
 
 
 
特に、派遣社員やパートって、どうしても正社員より
低い姿勢でやっているので断ってしまえば
「あいつは使えない」と思われるのがこわい。
 
 
 
結果引き受けてしまって自分が苦しむという・・(^_^;)
 
 
 
 

対処方は?

 
 
じゃあどうすればいいか?
 
 
それは

「自分のできる範囲」を伝える。

 
 
 
自分の仕事もあるのにそれ以上の事を頼まれたら

「今は自分の仕事もあるから半分なら出来るよ」
というふうに、相手の要望を聞きつつ自分の出来る範囲を伝えることを
心掛けると気持ちが楽になるということです。
 
 
 
 
なので、私は学校の役員を引き受けたからには
ちゃんと仕事をしようと思いますが
自分の出来る範囲のことを伝えていこうかなと
思います。
 
  

 
 

人の気分に左右されてしまう人

 
 
家族や友人、職場の人や近所の人。
 
HSPの人は
相手の何気ないため息や表情、声のトーンを
敏感に察知してしまいます。
 
 
たとえば、奥さんがなんとなくイライラしている。
たとえ相手のイライラの矛先が自分に向けられていなくても

「自分が何かやったかな?」など、
その怒りや悲しみなどを無意識に感じて疲れてしまうのです。
 
 
 
 
私もあるなぁ・・(^_^;)
パパがたとえイライラしてても何も気にならないのだが、
やっぱり職場の人や近所の人が何気に機嫌が悪いと

「私、何かやったかな・・・」なんて
気になってしまうのよね。
 
 
 
結果、なんでもなかったりするんだけどね。
 
 
 
 

対処法は?

 
 
 
たとえば、家庭内で奥さんがイライラしていたら、
奥さんと自分との間に物を置くのが
効果的だそうです。
 
 
 
ティッシュボックスだったりリモコンだったり
何でもいいのですが、要は

相手との間に境界線
を作ることで心理的な境界線となって相手に感情を
受け取りすぎないように出来るということです。
  
 
 
境界線を作ることですごく楽になるそうです(´∀`)
 
 
 
 
 

配慮が足りない人にイライラする

 
 
 
久しぶりに会った友人から

「ちょっと太った?」って言われたら
「何で気にしている事をズケズケというんだろう」
と相手の表情や言葉のニュアンスを敏感に感じる
HSPにとってデリカシーがない言動は不快でしか
ありません。

 
 
 
 
 
すごく親しい友人だったら
「そーなんよぉ、ダイエットせんとね~」なんて
言えるんだけど
 
 
 
そうでもない人に言われたらたしかにイラっとくるわ(#^ω^)
 
 
 
 

対処方は?

 
 
それは・・

 
「相手に期待しないこと」

 
です!
 
 
 
配慮する力にも個人差があると
仕方ないと思う事でだいぶ楽になります。
 
 
 

 
 

スポンサードリンク



 
 
 
 
 

周りに合わせてしまう

 
 

たとえば、友達と遊びにいく時
自分以外は遊園地がいいけれど
自分は乗り物が苦手なので本当はいや。
 
 
いやなんだけど、
本音を言えず、周りに合わせてしまう。
 
 
このことを

「過剰同調性」
と言います。

 
 
自分の意思があらわせず、意思がないと感じて
強く自分を責めてしまうのです。
 
 
 
 
行きたくないとこに行くの、結構キツイですよね・・(^_^;)
 
 
 
 

対処法は?

 
自分が感じていた事を後でノートに書きだしましょう

 
 
HSPの人は周りの空気にのまれてしまうと
自分の本心がわからなくなることがあります。
 
 
 
そこで、1人になった時に感じた事を書き出し、
自分の本音を見つめなおす事が大切なのです。
 
 
 
たとえば
「遊園地じゃなくてスイーツめぐりがしたい」などです(・∀・)
 
 
 
 
これだけでもだいぶ気持ちが楽になるそうです。
 
 
 
 

なじむのに時間がかかる人

 
 
新しい環境で初対面の人と話すのが苦手。
転職した時もそうですよね・・(^_^;)
 
 
 
私も隠れ人見知りなので・・
これはよくわかります。
 
 
 
「第一印象大丈夫かなぁ・・」
「悪く思われたらどうしよう・・」
 
 
 
 
 

対処方は?

 
 
たとえば、みんなの前で自己紹介が出来るのであれば
まず人見知りだという事を伝える事。
 
 
例としては
「はじめまして。○○と申します。
私は人見知りで話すのが苦手なので質問してください
 
 
 
 
HSPの人は自分からは話しかけるのが苦手だということが
みんなにわかってもらえれば、相手から話題を振ってもらえるので
会話がしやすくなるということです。
 
  
 
 
無理をせず、少しずつ順応していく事が大切です。
 
 
 
 

考えすぎて動けない

 
 
 
たとえば仕事で
「明日の会議の資料をつくらなきゃ」
「でも売上げのことも考えなきゃ」

考えすぎて悩んで
「あーーーーもう!何からやればいいんだ!」

 
 
なんて悩みすぎて物事を進めるのに時間がかかる人。
 
 
 
 

対処方は?

 
 
 
考え過ぎて動けない時に有効な言葉があるんです。
 
 
それは・・
 
 
「とりあえず」

です!
 
 
 
とりあえず、今できる事や負担が少ないものから始めると
ベストじゃなくても物事が進むということが実感でき気持ちも
楽になります。 
 
 
 
 

音に敏感な人

 
 
周囲の音が気になって落ち着かない
 
 
 
たとえば、読書をしているときに
周りの生活音だとか、人の会話だとか。
 
 
 
HSPの人は聴覚が敏感な人も多いとされていて
周囲の会話や物音など一度気になりはじめると
集中できず、落ち着かないのです。
 
 
 
 

対処方は?

 
 
単純な方法ですがイヤホンを付ける。
 
 
おススメは
「ノイズキャンセリング機能付き」イヤホンです(´∀`)
 
 
 
心地よい音楽を聴いていれば気をまぎらわす事ができます。
 
 
 
 
 

 
 
  
 

 

視覚が敏感な人

 
 
視界に入るもの全てが気になる人。
 
 
たとえば、
仕事でパソコンに向かっていても
視界に写り込んでくる他のものが気になって
集中できない・・
 
 
職場のデスクも向かえ合わせだったり、隣が近かったりすると
HSPの人はパソコンより、視界に入った腕の動きなどが
気になるのです。
 
 
 
 

対処方は?

 
 
それは・・

 
フチが太めのダテ眼鏡をかける。

 
 
視界に眼鏡のフチが入ることでここだけ見ていればいいと
見る範囲を自分で決めやすくなります。
 
 
 
なのでフレームの外の事はきにならなくなるので
目の前のことに集中できるのです。
 
  
  

 
  
 

 

まとめ

 
 
いかがでしたか?

 
私はあてはまるものもあれば
あてはまらないものもありました。
 
 
 
これらの項目に一つもあたらない人からみれば
「そんなの気にしすぎ~」なんて声が聞こえてきそうですが

5人に1人がHSPだってことを
理解して接する事が大切だと思いました(・∀・)
 
 
 
 
私もあてはまるものがあるので
少しでも楽になれるよう実践してみようと思いました。
 
 
 
この授業の講師は
HSP専門カウンセラーの

武田友紀先生です。
 
 
 
先生の著書
「繊細さんの本」
~気がつきすぎて疲れるが驚くほどなくなる~
 
 
 
 

 
 
 
 
興味があれば読んでみてください(´∀`)
 
 
 
 

 
 
 
 

スポンサードリンク



 
 
 
 


 
  
 

 
 

-ココロ
-

Copyright© ゆりの桜色人生記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.