不器用な人間ですが、なんとかなるもんです(*^_^*)

ゆりの桜色人生記

子育て

中学1年生になったら高校受験に向けての準備を!早い方が良いわけとは?

投稿日:

中学生の子供をもつ友人から

最近では中学に入学するやいなや、
ある程度志望校を決めて、計画的に
受験勉強を進めていくと聞きました。
 
 
へ~~そうなんだぁ(´・ω・`)
 
 
 
私達の時代は中学3年生になってやっと
進路を考え、どこだったら行けるかで
志望校を決めてたんだけど・・(^_^;)
 
 
 
だから、ちゃんと決めときーーよ!
 
 
 
と、熱く語られました。
 
 
 
ちょうどその時期に職場の昼休みでも
その話題が出て、同じように中学生の
お子さんをもつ同僚からも同じ事を
言われました。
 
 
 
なにやら、中学一年生で早くも
行きたい、目指したい学校を
聞かれると。

 
 
 
娘が中学生まであと一年ある私には
まだまだって感じですが、一年はあっと
言う間。
 
 
 
しかも中学はたった3年しかない
事を考えるとその通りだと思った(-_-)
 
 
 

スポンサードリンク


 

なぜ中学一年生から志望校を決めるのがいいのか

 
 
 
早めに志望校を決めていたら
そこに向けての学習意欲だったり、
計画的に受験勉強をすすめられる事が出来ますよね。
 
 
 
「受験はまだまだ先の事」
どうしても考えがちですが、その時の成績で
「行ける高校」
ではなく、「行きたい学校」
を決める事により、中間テストや期末テスト、
内申点が高くなるようがんばろうという気持ちになり、
モチベーション
にもつながるわけですヽ(^。^)ノ
 
 
 

 
 
 

とはいえ、中1や中2ではまだなかなか・・

 
 
確かに、子供にはピンと来てないかもしれませんね・・(^_^;)
 
 
 
親にとっては3年しかないと思っても
子供にとっては3年もあると思っているかもしれない(;一_一)
 
 
 
3年て短いんですけどね・・(^_^;)
 
 
 
子供と大人では時間の流れの早さが
違うらしいので・・。
 
 
 
でも中学2年生にもなると、ちょうど真ん中で
中だるみしやすい時期と言われてるので
そこに、目標があるかないかで大きく
違ってくると言われています。

 
 
 

スポンサードリンク



 
 
 

行きたい高校がわからない

 
 
そうですよね、中1や中2ではまだ
高校生活のイメージがわかないですよね(^_^;)
 
 
 
私は娘がこの高校に行ってくれたらいいなぁと
思ってる高校があるのですが、その高校の前を
車で通るたびに

「この高校が近いし、来れたらええよなぁ」

なんて、聞こえるように呟いています(^_^;)
 
 
 
まぁ、親の要望なので本人が
行きたい高校があればそこに
行くのが一番ですがね。
 
 
 
高校では大体夏から秋にかけて
説明会や高校見学が実施されているので
中1・2でも参加できるのであれば
しておくといいと思います。

 
 
 
ほぼ中3の方が多いけれど、
友人は中1から参加していて
良かったそうです。
 
 
 
最近では、教育委員会や学校の
Webサイトで合同説明会などの
日程が確認できるので、参加できれば
色々な情報を集める事ができます(゚∀゚)

 
 

 
 
それでも決められない時は
子供がどんな高校生活を望んでいるか
イメージすることです。
 
 
 
たとえば、
「部活を頑張りたい」
「行事を盛り上げたい」
「制服がかわいい」

などでも、決めるポイントになるのではないでしょうか。
 
 
 

子供にはいい学校に行ってほしい?

 
 
親の本音だと思います。
 
 
 
もちろん、何か目標があって
どうしても親が希望する高校とは
別の高校に進学しても全然反対はないです。
 
 
 
私の友人の子供は
将来パティシエになるのが夢で
製菓科がある高校を目指しています。
 
 
 
早くも夢があってすごいなぁと
いつも感心させられます(゚∀゚)
 
 
 
私なんか、何も目標もなく
行ける高校に行っちゃったもんだから、
はっきり言って、今この年になっても
学歴コンプレックスがなくならないんです(;一_一)
 
 
 
高校時代の話題って、大人になっても
ずっと、ずっと、ずーーーーーーーっと!
 
出てくるんです(*_*)

 
 
 
本当です!
 
 
 
情けない私は、恥ずかしいと思ってしまうんです。
 
 
 
こんな、アラフィフのおばちゃんになっても
高校時代の話題がずっと出てくるのはやはり 
 
 
誰の人生の中でも高校生活ってそれだけ
濃い時期なんじゃないかな。
 
 
 
子供でもない、大人でもない
ちょうど中間の時期。
 
 
 
それもあって私は娘の教育には
少し力を入れてきました。
 
 
 
私が10代の頃のロックって
「勉強なんか世の中の何の役にもたたねぇぜ~」
なんて歌詞が多かったように思い、
アホな私はそれを鵜呑みにしてまったく勉強せず
過ごした結果がこれ・・・(^_^;)
 
 
 
いざ、大人になってみると
イヤイヤ、話しが違うじゃん・・と思う事が
多くなってきたのです。
 
 
 
もちろん、勉強が出来なくても
何らかの才能があるなら別ですが、
 
 
大人になってひしひしと感じた事は

「勉強は出来ないより、出来た方が何かとよい」

という事でした(^_^;)
 
 
 
人間ってやっぱりどこか、出身高校で人間性を判断
してしまう傾向が残っているのも感じます。
 
 
 
それがすべてではないけれど、
少なくともそのような仕打ちは
私自身、受けてきました(/_;)
 
 
 
なので、子供にはある程度
「いい高校」に入って欲しいというのが
私の本音です。
 
 

  
 

まとめ

 
 
受験戦争
と言われてますが、まさにその言葉通り、
誰かが受かって誰かが・・・(使いたくない言葉なので省きます)
 
 
だから受験戦争!
 
 
 
始める時期は高校のレベルにもよりますが、
早い人は早いです!(^_^;)
 
 
 
結果、頑張った人が勝ちます!
 
 
 
中学生って本当に忙しいですよね。
学校が終わると部活、その足で塾へ行く。
 
 
 
うちの娘はそれに加えてピアノも
続けたいと言う・・・(^_^;)
 
 
 
一体寝るのは何時になることやら・・・
 
 
 
もう一つ、受験で大切なのは
家族のサポートですね(゚∀゚)

 
 
これなしでは進められません。
 
 
 
うちもすぐその時期が来るんだろうなぁ・・(^_^;)
 
 
 
ボチボチ、考えていかなきゃ!
 
 
 

スポンサードリンク


 

 
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 

-子育て
-

Copyright© ゆりの桜色人生記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.